QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.13
Fri
MIcatsukimypc20131213


久しぶりの更新です。しばらくPCを自作するべく勉強しておりました。
PCで色々してはいますが、ハード的な面ではHDDやグラボの増設はできるくらいで他はさっぱりです。
という事でPC自作といった一見高いような敷居を下げるためにもいろいろ書いておきたいと思います。

よければお付き合いください。





PC自作の利点。

最大の利点は自分だけのPCが作れること
値段の割に高性能と言ったPCを求めるならBTOで大抵 間に合います。(個人的な意見。
世界にひとつのマイパソコンとかそういう話ではなく、自分の使い方に合った性能を選べるわけです。

ブルーレイを使わないのに、ブルーレイドライブを積んでいるPCを買っても宝の持ち腐れですよね?
それならブルーレイドライブを積むよりもブルーレイドライブを積まずにDVDドライブを積んで
その差額分をCPUやグラボに使って、必要なものの性能をワンランク上のものにするといったような事ができます。



普通に買うよりも安い!!
BTOもまとめて仕入れてから、組み立てて売るでしょうからかなり安いです。
そのときのタイミングもあるでしょうが、ネット等で安くで手に入るため、実質自作が少し安いかな?程度です。
先程言ったように、要らないものを削ることで値段が減らせるため、自作の方がお得だと思いました。


PC自作の欠点。

最大の欠点は手がかかるということ
・パーツを買って、箱から出して、組み立てて、BIOS設定に、OSインストールした後に動作確認。
・お店で買ったものだと箱から出して、電源まわりをしたら即起動。

そこから、必要なソフト等のダウンロードをしなければなりません。
そこまで考えたら、かなり手間も時間もかかります。


もし、問題が発生してもすべて自己責任。
仮に問題が発生したとしたら、すべて自分で解決しなければいけません。
パーツごとにも保証はありますが、まずどのパーツが原因かを探らなければいけません。
しかし、大抵の場合は症状をグーグル先生に聞いたら、同じ道を辿った同士の情報と解決方法が書いてあります。


個人的なBTOの考察。

当然と言えば当然ですが、僕も最初はBTOでの購入を考えていました。

最初にある程度条件というか、求めるものがあったので、それをクリアしているものを探しました。
それをはっきりさせなければ削れるものも削れずに、コストは上がる一方です。
BTOやPCを自作する場合は これは絶対譲れない というのと ここは妥協してもいい という点を最初に書くべきです。
よくわからない人は、使用用途(ゲームの場合はプレイしたいタイトル)をメモして一番要求スペックが高いものに合わせましょう。

ちなみに、僕はこんな感じです。
・GTX770を採用している(できれば4GB)
・マザーボードの拡張性(サウンドカードとキャプチャーボードを積むため)
・CPUがCore i7のhaswell で Kのもではない(OCをする気がないため)
・メモリスロットが4つのもの(BTOでいいPCを見つけたと思ったらメモリが2スロットでした)
・ブルーレイドライブはいらない
・SSDはなくてもいい
・メモリは8GBでいい
・電源容量がギリギリすぎない(よくわからないが少し余裕が欲しい)
・OSはWindows7のprofessional(ゆくゆくはメモリを16GBにしたいから)
・予算は18万以内


しかし、求めているものをクリアしているPCはどうしても高額になりがちで、予算内に収まりませんでした。
クリアしていても、ブルーレイドライブ搭載、SSDが256GBでメモリ16GBとかで20万手前で、そこまでしては欲しくないなあ。と頭を悩ませていました。

よく考えたら当たり前ですが、安い価格のものは安いぶん、絶対どこかでコストを削っています。(よく考えたら当たり前ですが。
よくあったのがマザーボードに拡張性がない(メモリスロット2つとかもありました)と電源容量がしょぼい。

PCは高額な買い物になるので、妥協せず、じっくり時間かけて調べましょう。


PC自作の感想。

自作に対しての抵抗、考え方など。

記事の最初の方で言いましたが、ハード的な面はさっぱりでした。
これまでした事があるのが、グラボの交換、メモリの差し替え、HDD増設。こんなものです。
それも、必要になるたびに、インターネットで調べて作業してきました。
なので、PC自作はマニアや、その手の専門知識を蓄えている人の領域だと思っていました。


早い話、ものすごく自作するまでの心のハードルが高かった。


自作してみて思ったこと。

こんなに簡単なの?ってのが正直な感想。

インターネットで調べたらいくらでも情報が出てくるし、PC自作系の本も売ってあるし、
マザボにはバカみたいに丁寧に、ここがCPUファンの電源ピンさすとこだよ。とかいちいち書いてある。

配線さえ間違えなければ大丈夫だし、PC自作系の本とPC自作の手順を書いているサイトを2つくらい開きながらすると問題ありませんでした。
某大型掲示板のログには、配線間違ったりしたくらいで、壊れるようなヤワなもんじゃない。とも書いてありました。

PC自作って、プラモデルだよ。
ちゃんと説明見ながら、手順通りにしたら、何も問題起きないもの。


静電気対策。

静電気はPC自作において、最大の敵です。
精密機械は数ボルトでもアウトらしいですが、静電気は数千ボルト以上もあります。


自作の際は、静電気防止手袋を購入しましょう。
Amazonに500円程度であります。PCショップに行ったら700円くらいでした。

左がMサイズで、右がLサイズです。



ここだけの話、パーツをまとめ買いしたPCショップで静電気防止手袋を買おうとしたらサイズが小さめのしかなくて
後日買うことにしたんだけど、誘惑に負けて、かなり調べてから、素手で作業しました。


僕がしてみた静電気対策

・静電気を持ちやすい服を避ける。理論上では全裸がいいらしい。
僕の場合は全裸はプライドが許さなかったので、冬なのに半袖にパンツで作業しました(マジ。

・作業前に体にたまった静電気を逃がす。
ドアノブを触るといい。と書いてあったが、ドアノブの部分だけが金属だと電気が逃げないんじゃ?との独自の判断で、不採用。
水で手を洗ったりすると、体にたまった電気が水と一緒に流れるらしく、こまめに水道で手を洗いました。(もちろん、しっかり乾かさないとショートの可能性あり

・パーツの金属部分は触らない。
静電気がたまった状態で金属に触れるとなるから、金属部分に触れなければ問題ない。(受け売り)


パーツの相性問題について。

ここだけはわからなかったので、PCショップ(PCデポ)の店員さんに聞いてみたところ、
最近は少なくなったので、そこまでシビアになる必要はないとのこと。

心配であれば、ある程度は『パーツ名 パーツ名 相性』って調べたら出てくるかと・・・。
無理せず、詳しい人や、PCショップに行って聞いてみる方が確実です。


パーツの選び方。

自分が欲しいスペックに似たものを、自分好みに変えていく。
BTOのPCや、既に組んで使っている人が晒したパーツ構成から、少しずつ変えていく。

最悪、知恵袋さんで聞けばいい(丸投げ。

僕はPCショップ(PCデポ)で買ったので、めっちゃ質問しまくりでした。
丁寧に対応してくださってありがとうございました。

余談だが、パソ○ン工房の対応(店舗)が良くなかったので、そっちで買わなかった。


今回組んだPCのパーツ構成。

これから自作をする人のために、パーツ構成を晒します。
参考になれれば幸いなので、値段も書いておきます。

マザーボード
ASUS H87 PRO
10000円

CPU
Core i7 4770
31000円

メモリ (8GB×2)
W3U1600HQ-8GC11
13000円

グラフィックボード (GTX770 4GB)
GIGABYTEGV-N7700c-4GD
46000円

DVDドライブ
IHAS324-07
2000円

SSD (128GB)
CSSDS6T128NHG5Q
10000円

HDD (1TB)
ST1000DM003/N
6500円

電源
RA-750
6900円

OS
Windows7 Pro
17000円

PCケース

MS800PLUS
7000円

サウンドカード

Sound Blaster Zx
12000円


ちなみにHDDは前使ってたPCからひとつ拝借したので、金銭的にノーダメージです。
メモリ、CPU、GPU、SSD、HDD、あたりを同じ性能のものをBTOで探したら驚きました。

素敵な自作ライフを。


この記事に載せている情報は2013年12月3日の情報です。
PCを自作する場合はきちんと自分で調べて、自己責任でおこなってください。



関連記事
スポンサーサイト
comment 1 trackback 0
トラックバックURL
http://micatsuki.blog.fc2.com/tb.php/72-ae9740ad
トラックバック
コメント
静電気対策には帯電防止用バンドを装着しながらやるといいですよ。素手でパーツに触りながらでも静電気の心配をしなくていいので工場などではほとんど使用していると思います。価格も千円~二千円程度なので一度購入すればずっと使い続けることができるのでコスト面でも悪くはないと思います。
通りすがり | 2014.06.24 22:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。