QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.26
Mon
Cube World 100

Cube World(キューブワールド)が最近話題になっていますね。
このゲーム、見た目は minecraft 風ってことで有名になっているようですが、非常に重いです。
普通設定じゃ勿論、手動設定でできるだけパフォーマンスを落としても、ノートPCや低スペックPCでも快適にプレイできないことも多いようです。
試しに、前使っていた GT610 (低性能なグラボ)でテストしたところ、快適と言えるような動作はしてくれませんでした。

そこで、ちょっとした手間を加えるとそこそこ快適に遊べるようになりました。
しかし、当たり前ですが、グラフィック系をちょっと犠牲にします。
ここでの方法は、fps(フレームレート)が低くて、カクカクして操作もままならない人のための対処法だと思ってください。

結果から言えば、オプションファイルを直接いじって、renderDistance(描画距離)を極端に短くします。

詳しい方法は続きから。






renderDistanceと言っても、通常だと25%までしか下げることができません。
なので、直接 options.cfg いじってやるのです。
位置は C:\Program Files (x86)\Cube World
Cube World Option.cfg

options.cfgを開くとこうなってます。

Render distanse

黒で囲った部分のrenderDistance 50renderDistance 01に書き換えます。(01じゃなくて、1でもいいです。

そして、Cube World を開くとメニューの背景が真っ青になりますが仕様ですw
OPTIONS を開いて、下の画像の白で下線した RENDER DISTANCE 1%になってることを確認する。
Render01
この場合 FPS LIMIT を高めに設定しているので重い方は 20FPS くらいにしてください。
これを極端に下げるとカックカクになる原因になると思われるので気をつけてください。

これで完了です。しかし、最初に行ったようにグラフィックをかなり犠牲にしちゃうので、自分でrenderDistanceの数値を微調整してください。

ということで、どのくらい違うのか画像にとってみました。
最初の画像は上に書いたrenderDistance1%の画像です。
僕らの中では皮肉を込めて Blue World って呼んでます。
Blue World

次は options ファイルをいじらすにできる一番最低のrenderDistance25%のときの画像です。
当たり前ですが、1枚目と同じ方向を見ています。
Cube World 25

続きましては、 options ファイルをいじらすにできる最高のrenderDistance100%の時の画像です。
向こう側に見える青い部分は確かめてみたら海でした。空の雲が描画されているのがわかります。
Cube World 100

これを100%以上にしたらどうなるのか、ちょっと気になってrenderDistance200%にしてみましたが、全然違いが感じられませんでした。
別の場所に行って、画像を撮って比較したが、違いがわからないかった。

関連記事
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://micatsuki.blog.fc2.com/tb.php/21-fa69b029
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。