QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.14
Thu
Humble Bundle有効活用

7/10に投稿したHumble Bundleのセールを紹介した記事の拍手コメントにリクエストが有ったので記事に書き留めます。

拍手にてコメントくださったチョリトス様、申し訳ないです。
拍手機能にコメントを添える事ができるのを知らずに1ヶ月近く経った昨夜、気付きました。

有効活用、利用方法とは書いていますが、この記事ではVプリカを使用して購入する方法を説明します。

Vプリカのアカウント開設と基本的な使用方法は以下の記事にまとめているのでどうぞ。
Vプリカ アカウント開設 初心者向け
Vプリカ チャージの仕方と使い方






Bundleとは。
日本人には聞き慣れない言葉だと思いますが、PCを買うときなどにバンドル版なんて書いてあったりします。
Bundleという言葉自体に束という意味があるようなので、まとめ売りという認識でいいのではないでしょうか。

Humble Bundle
↑からHumbke Bundleにアクセスできます。
このサイト内だけでも複数ありますが、基本的にはHumble、Weeklyのページだけチェックしてればいいと思います。

ページ上部のスクショ。赤の部分クリックで書くページに飛ぶ仕様。
Humblebundle記事画像001

注意して欲しいのが、見ての通り海外サイトなので日本語版がない場合もあります。
買う前に日本語化があるかどうか等をチェックするようにしましょう。



現在のWeeklyが日本のインディーズゲーム集らしいので、それを購入してみます。

↓クリックで大きい画像を表示します
Humblebundle記事画像002


Humble Bundleの基本的な仕組み。
以下の画像の黄色で下線した Pay $(数字) or more to unlock と言うのは(数字)ドル以上の支払いで貰えるという意味。
今回、この中ではYs Originが目的なので6ドル以上を支払わなければもらえないですね。
6ドル払ってしまえば6ドル以下支払えばもらえるゲームももらえます(日本語変。

Astebreedが欲しい場合は10ドル以上の支払いで、Astebreedとその他全てが貰えます。

Humblebundle記事画像003


注意点。
絶対に注意する事はPay $6 or more to unlockの価格は少しずつ上がっていく仕様です。
そのBundleで購入されればされる程、$1ずつ上がっていきます。
今回のようなラインナップでは目立ちませんが、かなり豪華なメジャーゲームが並ぶと数時間で上がっていく事もありました。
$6支払えばもらえるゲームでも、運悪く購入手続き中に価格が上がってしまったら目的のゲームがもらえなくなります。

早い話、欲しいゲームの額+1ドルで購入手続きをすることをおすすめします。
僕は、メジャータイトルが並んだ時は2ドルプラスして買います。


ページを下の方にスクロールしていくと以下の様な領域があるので、そこで入力していきます。
Humblebundle記事画像006


①では支払う金額を入力します。
赤で囲ったCustom Amountの横のボタンをクリックして、自分が支払うべき金額を入力。
この場合は6ドル支払えばいいので、保険をかけて+1ドルして7ドルと入力した。
Humblebundle記事画像004


②はスルーして構わない。
一応書いておくと支払った額を誰に幾ら支払うかを細かく決めることが出きる。


③と④は以下の画像に書いておいた。
③のチェックは新しいBundleが始まった時などにメールで知らせてくれるのでチェック推奨。
Humblebundle記事画像005


少し下の方に支払い方法の選択がある。
今回は一番左のPay with Credit Cardを選択。
クレジットカードで支払いする方はPayPalクレカ経由でVプリカ購入でいいと思う。
ちなみに、この記事ではPayPalの場合は紹介しない。
Humblebundle記事画像007


選択して出るウインドウに入力し、Payment infoをクリック。
画像に書き込んでおいたのでその通りに入力を済ませる。
Humblebundle記事画像010



カード情報を入力しCheckout選択で支払いを済ませる。
画像に書き込んでおいたのでその通りに(以下省略
Humblebundle記事画像009


暫く待ったら新しいウインドウが開いた(そこから動かなかったので焦ってスクショ忘れてた)

入力したメールアドレス宛にメールが届き、そのメールにURLがあるのでアクセスする。
Humblebundle記事画像011


以下の様にゲームタイトルが並んでいるのでsteamのロゴで自分用、プレゼントマークでギフト用にする。
Humblebundle記事画像012


試しにOne Way Heroicsだけギフト、それ以外はsteamにしてみた。
Humblebundle記事画像013


To redeem Connect to Steam!のConnect to Steam!の部分をクリックし、アカウントとパスを入力してsteamにログインする。
Humblebundle記事画像014


無事にログインすると以下の様な画面になるので許可する。
Humblebundle記事画像015


これでsteamに有効化され、イベントリに追加されました。
steamを再起動させて、反映させましょう。



あとがき的な。
お疲れ様でした。
大体はこの方法で対応できるかと思います。
以前の大型Bundleの時はOriginキーで配布されたので
キーの場合もあるかも知れないですが、だいたい同じ手順でなんとかなるはずです。


この記事に紹介した方法で間違いはないはずですが
購入する際は自己責任でお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
comment 3 trackback 0
トラックバックURL
http://micatsuki.blog.fc2.com/tb.php/127-7c87fc51
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| 2014.08.21 16:28 | 編集
突然すいません。
今回紹介しているHumble Bundleというサイトでは、Vプリカでの支払いはできるのでしょうか?

またVプリカで支払いができる場合、紹介されていると同様に「Pay with Credit Card」を選択し、手続きを行えば良いのでしょうか?

ねぷ | 2014.08.28 20:13 | 編集
> 突然すいません。
> 今回紹介しているHumble Bundleというサイトでは、Vプリカでの支払いはできるのでしょうか?
>
> またVプリカで支払いができる場合、紹介されていると同様に「Pay with Credit Card」を選択し、手続きを行えば良いのでしょうか?

コメントありがとうございます。
この記事はVプリカで購入確認、記事作成しました。
この記事を作成した段階ではVでプリカ問題ありませんでした。
今後、使えなくなる可能性はあると思いますが、今のとこ大丈夫だと思います。
ねぷさんが仰るとおり、Vプリカで「Pay with Credit Card」を選択、手続きをすれば大丈夫だと思います。
みかつき | 2014.08.28 22:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。