QLOOKアクセス解析
--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04.10
Fri
ShadowOfMordorReview-01

はじめまして!このブログで記事を投稿するお手伝いをさせていただくことになりました、かふぇおれです!
みかつきさんとはお友達繋がり、同じゲーマー仲間だったので今回から案を出し合って記事を書いていくことになりました。
レビュー初心者で拙い文章ですが、みなさんがゲームを買うときなどに少しでも参考になるような記事にしていきたいのでよろしくお願いします!
今回は手始めに「良作なのに日本ではあんまり浸透してないなー。面白いゲームなのにもったいない」と思ったゲームを紹介&レビューしたいと思います。

今回紹介するのはバットマンシリーズなどで有名なワーナー・ブラザーズが手がける『Middle-earth: Shadow of Mordor』(シャドウ・オブ・モルドール)。

あの有名なロード・オブ・ザ・リングシリーズを題材にした無双系アクションRPGとなっております。
特にそのストーリー設定の緻密さなどは文句のつけようがありません。

正直なところ私は「ロード・オブ・ザ・リング」の名前だけしか知らなかったド素人中のド素人でしたが、原作に触れたことがない私でもすんなりと入り込んでいける"面白さ"がこの作品にはありました!

舞台はモルドール、険しい山岳に囲まれた荒野。
そこら中に獰猛なオークがはびこる、まさに地獄のような場所。
主人公タリオンは自身にかけられた不死の呪いを解くため、憑依したエルフの幽鬼の力と鍛え上げられた剣術を駆使して"サウロンの黒の手"に近づいていく。


続きを読む


スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
09.28
Sun
Watchdogs20140926

前回のsteam大型セールにいきなり出たり、騒動があったりと色々話題に事欠かないゲームでしたが
すごく前から期待していて、少しお金と時間に余裕があったのでフルプライスで購入しました。
PCゲームでフルプライス購入は初めてです。
自分の中ではかなり期待値が高かったのでレビューでも残しておきます。
オンライン要素の方は数回してスルーしたのでレビューには含みません。

Watch Dogsとは。

ジャンルはオープンワールドアクションアドベンチャー。
早く言ってしまえば、GTAやセインツロウのような箱庭ゲー。

ctOSに管理された都市シカゴで主人公エイデンが自在にctOSをハッキングしながら過去の復讐のために動いていく。
この街の全ての機械(おそらく)がctOSによって管理されているので、ワンボタンでハッキングできる。

その能力を駆使して多人数相手の銃撃戦で遮蔽物を作ったりなど、自分に有利な環境を作っていったり、
通行人の口座をハッキングしてお財布を潤したり、機械に負荷をかけて爆発を起こして事故死させたり・・・。
などなど、ハッキングと言っても中々の多芸っぷり。なぜかバレットタイムっぽい(時間の流れを遅くする)スキルを持っている。


続きを読む


comment 0 trackback 0
01.30
Thu
巫剣神威控01
記事サムネ画像作成協力 友人Y君。

巫剣神威控とは。
日本の同人サークルZENITH BLUEによって開発されたハイスピード剣豪アクション。
女子高生、刀、複雑なコマンドや操作が一切無く簡単に大技を繰り出せる。と言った一見ライト層向けの取っ付き易いゲームにも見えますが、
難易度ノーマルでもボタン連打やゴリ押しでクリアする事はほぼ不可能な手応えのある難易度になっている。



steamのGreenlightにも通過されたそうなので、2014年中にsteamで購入できるようにもなるようです。

現在は以下の3つのサイトで購入できます。
Playism⇒http://www.playism.jp/games/mitsurugikamuihikae/
DLsite.com⇒http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ124722.html
DiGiket.com⇒http://www.digiket.com/work/show/_data/ID=ITM0090928/
Amazon⇒巫剣神威控[同人PCソフト]

ZENITH BRUE 様のブログは以下から。
http://zenithblue0.blog.fc2.com/


レビューは続きからどうぞ。
続きを読む


comment 0 trackback 0
01.07
Tue
Machinarium_Review

Machinariumとは。

Amanita Design によって開発された パズル系ポイント・アンド・クリックアドベンチャー。いわゆるクリックゲームである。
グラフィックが全て手書き(厳密に言うと少し違う)で作られており、鉛筆独特の温かみがあるのが特徴。
これを7人の開発者で3年かけて完成させたというのが驚きだ。

ロボットだけが暮らす機械の街で主人公のチビロボ(みかつき命名)を操作して、様々なパズルをときながら『目的』を果たす。
その目的がなんなのか?というのもプレイしていく過程で徐々に浮き上がってくるため、そこにはあえて触れません。

現在、PC、PS3(日本のストアにはない)、iPod、iPad、iPhone等でプレイできるようになっているようです。
気になる日本語ですが、PLAYISMにのみ日本語化されたものが販売されているようです。
しかし、このゲームは言葉による会話が無いため、英文は操作方法のみ(記憶が正しければ3箇所)しかありませんでした。

英語が全く読めない(中1で習うような簡単なものしか理解できない)友達でも、ちゃんと直感的に理解できていました。

以下から買えます。
公式サイト⇒http://machinarium.net/
steam⇒http://store.steampowered.com/app/40700/
PLAYISM⇒http://www.playism.jp/games/machinarium/
App Store⇒https://itunes.apple.com/jp/app/machinarium/id459189186


前置きが長くなりましたが、レビューは続きから。


続きを読む


comment 0 trackback 0
11.10
Sun
GTA5review

数日前に、やっとGTA5のストーリーをクリアしたので、レビューを書きます。
GTA5のシングルのレビューとGTA5オンラインのレビューとでわけます。
ネタバレを含むような書き方はしないので、安心してください。
PCの問題でスクショが取れなかったので、画像なしの殺風景なレビューになりますので、ご容赦ください。

続きを読む


comment 0 trackback 0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。